読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

straysheepのなにか好きなもの

フィギュアスケートと読書と映画と雑貨といろいろ、について

SMAP解散 ノスタルジックな1日

母がたっくんの大ファンです。

たっくん、ってSMAP木村拓哉、で彼は確かにそう呼ばれていた。

いつの日からかキムタクになっていったけれど。

母がはじめてたっくんをみて、私にこの子は誰?って聞いてきたのは私が高校生か中学生の頃。

スペシャルドラマ「松葉杖のラガーマン」をみた直後。主役が木村拓哉で、練習中の事故で四肢麻痺になるラグビー部員を演じていました。 

  このドラマと斉藤由貴の弟役を演じた「おとうと」で、母はたっくんの虜に…。

SMAP木村拓哉だということは、私がクラスの友達からきいて判明。まだ歌デビューはしてなかった頃かも。

確かに、そのふたつのドラマの木村拓哉はものすごくよかったです。

そう考えると木村拓哉SMAPデビュー前からいい役柄に恵まれていたのかな

 なーんてことを思い出してしまったのは、SMAPのベスト盤を家事をしながら聞いていたからです。

思いのほか学生時代を思い出して、ノスタルジーに浸ってしまった!

f:id:straysheep_223:20161223134923j:image

家事が滞るわ。

ちなみに、私は当時稲垣吾郎のファン。朝ドラ「青春家族」や映画「さらば、愛しのヤクザ」などみたことをうっすら覚えてるな…

君色思い」という曲が大好きで、聴くたびに切なくなってたこととか、「あすなろ白書」のなるみ(石田ひかりちゃん演じるヒロイン)の真似してタータンチェックのショールを買ってもらったこととか、思い出が巡る。

ちなみに、私は「あすなろ白書」は取手くんより断然掛居くん派!

まわりでは(母含め…)取手くん胸キュン派が多かったけれど、一緒に一夜を過ごした後ヒロインに「なんで私寝ちゃったんだろう…」などといわれてしまう男の子に興味が湧かなかったですね、当時は。  そんな悲惨な男の子の役を当時の木村拓哉が演じてたんだなぁ、と感慨深い。

あすなろ白書」は大好きな北川悦吏子さんが脚本のドラマ。

木村拓哉×北川悦吏子のコンビは最高だと思います。

つい先日NHKでやってたドラマ「運命に、似た恋」ももう少し若かったら木村拓哉にやってもらいたかったな…と思いながら見てましたし。

初タッグの「その時、ハートは盗まれた!」での一色紗英ちゃんと内田有紀をとりあう高校の先輩役は、ファンじゃなくても素敵だった。

そして、「あすなろ白書」の取手くんを経て「ロングバケーション」の瀬名くん! 

ロングバケーション [DVD]

ロングバケーション [DVD]

 

 他人の気持ちばかり考えてしまって優しすぎて恥ずかしがり屋で自分の気持ちを外に出せない、それがピアニストとしての壁となってしまっているピアニストを目指すヤマハで働く瀬名くん。

オープニングの主題歌「LALALA LOVESONG」が流れるところの中盤、山口智子木村拓哉に全体重をかけて背中に乗ってるけど、逆に木村拓哉山口智子の背中に乗るときは彼女が重くないようにそっと背中を預けてるところがあって、それは脚本なのか演出がすごいのか木村拓哉がすごいのか分からないけれど、なんて瀬名くんの性格を簡単にでも確実に表してるんだろう、と当時からドキドキしてました。

瀬名くんはドラマ史上いちばん好きな男性のキャラクターです!

さすが北川悦吏子

その後、「空から降る1億の星」でふたりのタッグはストップしてるけれど、大人になった木村拓哉でなにかドラマ作ってくれないかな、と切望する今日この頃…

 SMAPの曲は中居くんや草薙くんや香取くんのドラマの主題歌になってるものが多いんだけれど、私が曲をきいてて思い出すのは木村拓哉ばっかり。

私の青春を彩るSMAPの曲とか思ってたけれど、SMAPというより木村拓哉なのか、もしかして。  

それだけに、解散報道後のSMAPをとりまくいろんな記事に心が痛みます。

スマスマも次のスペシャルで終わってしまうし、もうSMAP5人で歌う新しい姿は見られない。

なんか、切ない…

それでも人生は続く、と大袈裟に感じてしまうのは、私は思ったよりもずっとSMAPを好きで、解散しても応援していきたい。