straysheepのなにか好きなもの

フィギュアスケートと読書と映画と雑貨といろいろ、について

ブリジット・ジョーンズが帰ってくる!大変よろしい!

本日のブログのタイトルは、『ブリジット・ジョーンズの日記』が映画化するときか続編が出版されたときのポスターの文句(だったと思う)

当時、本屋さんでバイトしていたので毎日可愛いな、とみかけていました。

ブリジット・ジョーンズの日記 [DVD]

レニー・セルヴィガー、ほんとにキュート。

 大変よろしい、は原作のブリジットがなにかと口にする言葉。

英語だとなんて言ってるんだろう?

ダイエットがうまくいってる時とか、タバコを吸う本数が減らせた時とか、愛するダニエルのことで「安定」を保てているときなどに頻発される言葉。 

なんと、今度続編の映画がやってきます。

 

f:id:straysheep_223:20160902200052j:image

 会社の近くに貼ってあったポスター

 

わお!!!

でも、ちょっと待って。

マーク・ダーシー(コリン・ファレル演じるブリジットの恋人)がいるわ…

私、続編の原作『ブリジット・ジョーンズの日記  恋や仕事や子育てにてんやわんやの12ヶ月』を読んだのですが…

ブリジット・ジョーンズの日記  恋に仕事に子育てにてんやわんやの12か月 (上)ブリジット・ジョーンズの日記  恋に仕事に子育てにてんやわんやの12か月 (下)

まず最初にぶっとんだのが、マーク・ダーシーが死んでいた、ということ!

ネタバレでもなんでもなく、さくっと、冒頭はもう既に未亡人なブリジット…

夫(ダーシーと結婚したんだ!)は国際弁護士として世界を飛び回っていた途中のお仕事で亡くなってしまっていた。

なのに、ポスターにはしっかりいるし、元カレということになっているんですけど…どういうことなのかしら。

原作を映画化したわけではないのかな

マーク・ダーシーのいないブリジット・ジョーンズの日記なんて読む気がしない!と思ったけれど、無理やり元彼でブリジットに絡ませる映画のほうもどうしようかな、と観ようとする気持ちが萎んできちゃった。

でもまあ、私はなんだかんだ見ちゃうんだけど、大好きだからマーク・ダーシー❤︎

 私が最初に『ブリジット・ジョーンズの日記』を読んだのは、当時アルバイトをしていた本屋さんで見本本をいただいたから!

買おうか迷っていたら(学生にハードカバーの値段は高かった)、くださったのです。見本本なので、表紙もないただの製本だけされたものでしたが、それも新鮮でした。

読んでびっくりしたのは、ジェイン・オースティン自負と偏見』のパロディだ、これ!と気がついたから。

当時英国の新聞で連載されてたらしいので確信犯なはず。

英国のひとにとって『自負と偏見』は、誰もが結末を知っている有名な古典作品なんだから、パロディだってお手の物。

ちなみに、続編の『ブリジット・ジョーンズの日記  きれそうな私の12ヶ月』は、同じジェーン・オースティンの『説き伏せられて』が下敷きになってると思うの。

 

説きふせられて (岩波文庫)

説きふせられて (岩波文庫)

 

 別れた恋人と7年して再会したアンの物語。こちら地味ですが、ところどころ胸キュンあり、でオススメです。

私、『自負と偏見』は大好きで、出版されているいろんな版元からの異なる翻訳を読み楽しんでいます。

最近、翻訳する人によってだいぶ主人公の性格というカラーが変わることに気がついたので、そういう部分も興味深い。

ていうか、この作品出版社によってタイトルも違うのが不思議。

原題はPride and Prejudiceで、『自負と偏見』『高慢と偏見』、キーラ・ナイトレイ主演映画の邦題は『プライドと偏見』。

風と共に去りぬ』『嵐が丘』のように人々のイメージが定まってないタイトルなのかも?

ヒロイン像は、『自負と偏見』のエリザベスとブリジット・ジョーンズとでは全く異なりますが、ダーシーは(『自負と偏見』もダーシー、『ブリジット・ジョーンズの日記』もダーシー!)はどちらも相当素敵。

甲乙つけるなら、、『自負と偏見』のダーシー・フィッツジェラルドのほうがより一層クールでかっこいいかな

BBCで放映されたドラマ『高慢と偏見』のDVDももっていますが(2002年くらいに9800円で購入)、そこでダーシーを演じているのが、コリン・ファレル

そこでのダーシーが完璧に素敵だから、『ブリジット・ジョーンズの日記』のマーク・ダーシー役にも選ばれたはず。

こう書いてると、いよいよ続編映画「ブリジット・ジョーンズの日記  ダメな私の最期のモテ期」も絶対観たくなってきちゃうな!