読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

straysheepのなにか好きなもの

フィギュアスケートと読書と映画と雑貨といろいろ、について

愛すべきキャラクターとのお別れ 『アリスインワンダーランド 時間の旅』を観て

Diary 映画感想

ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』をベースに、色鮮やかに一風変わった物語に仕上げたのがティム・バートン監督の『アリスインワンダーランド』。

帽子屋マッド・ハンターをジョニー・デップ、白の女王をアン・ハサウェイ、その姉赤の女王をヘレナ・ボナム=カーター、アリスを演じるのは当時19歳の新人ミア・ワシコウスカでした。

ティム・バートン監督の『アリスインワンダーランド』のアリスは19歳。ワンダーランドにアリスが訪れるのは2回目なのだけれど、以前訪れたのはかなり小さな頃なので、その体験は夢だと思い込んでいたという設定。

その最初のワンダーランド体験が、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』。小さすぎて夢だと思っていた、という。

そしてこの夏、続編の『アリスインワンダーランド  時間の旅』が公開!

f:id:straysheep_223:20160717154304j:image

つまり、3度目のワンダーランドへの旅、ということになります。

せっかく3Dもあるのに、苦手なので私はふつうの2Dで観てきました。

原題は『Alice Through the Looking Glass』で、もちろん『鏡の国のアリス』をモチーフにしています。

とはいえ、『不思議の国のアリス』に比べ『鏡の国のアリス』はチェスがよくわからない人にはいまいち…な気がしてどんな風にアレンジするのかな、ととても楽しみにしていました!

 

鏡の中を通り抜けてワンダーランドを再び訪れるアリス。

訪れた先がまずチェス盤上だったことくらいかな、『鏡の国のアリス』をモチーフにしていたところは。

私の好きな年がら年中喧嘩して胡椒をかけてお料理している公爵夫人のおうちの料理人とか、登場しないんですよね…そりゃあ全てのキャラクターは網羅できないと思いますけど、残念。

今回のアリスは、赤の女王様がなぜ愛すべきでか頭の持ち主になり根性も曲がってしまったのかが判明するので、ヘレナ・ボナム=カーターファン必見です!

私はアリスも好きだけれど、このヘレナ・ボナム=カーター演じるイラスベス 赤の女王様が大好き。

今回も…とても可愛かった❤︎

彼女、意外とツンデレというか、恋人に突然甘えたり拗ねたりしていつもと違う流し目したり、すてき。

アリスはマッド・ハンターが悩み過ぎて死にかけている原因となっている、愛する家族について過去を訪ねて過去を変えようとします。

その際、幼い頃の赤の女王と白の女王の姉妹がタルトを取り合って食べてたり、幼いマッド・ハンターがなぜ父親と疎遠になったかなど描かれて…タイムトラベルものが好きな人も楽しめると思います。

見終わった後、なぜか原作を読んが読みたくなりました。

私の持っているのは新潮文庫です。

 

不思議の国のアリス (新潮文庫)

不思議の国のアリス (新潮文庫)

 

今思うとテニエルの挿絵のものがよかったと思うんだけれど、文庫といえば新潮文庫だった私らしい選択でした。

 

鏡の国のアリス (挿絵=テニエル)

鏡の国のアリス (挿絵=テニエル)

 

  このイラスト…私の中学の英語の教科書のイラストだと思って、当時選ばなかったというのもある…

教科書と一緒じゃん、みたいな。

短絡的な自分を反省しちゃう。

映画もいよいよ最後はもうワンダーランドのみんなと会えないのかな、と悲しい気持ち。 

なぜ白の女王と赤の女王が不仲だったのかもわかったし、マッド・ハンターも元気になったし、タイムも元どおり。

アリスもほんとうの世界へ戻りまた航海へ出かけるのだけれど、もう会えないというキーワードは人を切なくさせます。

いま、なんとかロス的な言葉が流行っているけれど、まさにそんな気持ち。

でも新しいものは生み出されないかもしれないけれど、今までのアリスや仲間には何度でも会えるのが物語のいいところだと思います。

テニエル挿絵のアリス、買っちゃおうかなぁ