読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

straysheepのなにか好きなもの

フィギュアスケートと読書と映画と雑貨といろいろ、について

読むって難しい 『『罪と罰』を読まない』を読んで

読書感想 読書について
メンバー誰も未読の『罪と罰』を想像で語られる一風変わった読書会の記録ですが、さすがの一言。
岸本佐知子さん三浦しをんさん吉田篤弘さん吉田浩美さん、読書会のメンバーが私の好みだったので、とてもとっつきやすかったというのももちろんあるけれど、期待を裏切らず、ものすごーく面白い1冊でした!!!

私は確か大学時代に読んだはず、ドストエフスキーの『罪と罰』。
なのに、読まずに語るこの4名様の記憶とほぼ同じ、でした。
本当は読んでないのかな、と疑ったほど。(私、大学1年から読んだ本をメモしてるので、ちゃんと記載があり読んだと確認できましたが…)
そんなに好きじゃなかったりすると、いえ好きで感動したとしても忘れてゆく悲しさ。記憶が薄れたりあるいは誰かの発言とかに影響され改ざんされたりして、ほんと不思議。  

読書会はと言えば、みなさん本当に仲良い雰囲気で読んでいて楽しい。
特に、三浦しをんさんのコメントが笑っちゃって。
彼女のエッセイと同じ、なんて楽しい方なんだろ!
 
読まないまま『罪と罰』が語られ、正しい『罪と罰』の登場人物&あらすじ紹介のあと、また同じ4人による読後感想会。
それがこの本の流れです。
読んだあとの答え合わせのようなこの会話もまた面白いんです。 
私たちの予想あたったね、とかなにこれみたいな展開とか。
みんな、相当面白く登場人物にツッコミまくるし。
ドストエフスキーというと長い重い難しいイメージだと思うけれど、確かに長いし重いんだけど、案外難し苦なく読めるんです。『アンナ・カレーニナ』の時も思ったんだけど、あらすじと登場人物が興味深くて、読めちゃう。
なのでこの座談会の読後感想の前に、私も『罪と罰』を読んでからまた戻ろうかと考えたほど。
ドストエフスキーのこともドストとか読んで、なんというか気軽な感じ。
この感じなら、ノリと勢いで読めるかな?って。

図書館で借りた本で貸出期限があるからやめましたが、再読してからまた購入して読み直したい。そして私も誰かと語りたいと強く思った夜でした。