読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

straysheepのなにか好きなもの

フィギュアスケートと読書と映画と雑貨といろいろ、について

2連続3回転ジャンプについて

女子のフィギュアスケートでも、トリノオリンピック前後から2連続3回転が当たり前となり、安藤美姫キミー・マイズナーエミリー・ヒューズエレーネ・ゲデバニシビリなどどんどんショートから跳んでて、すごいなあ!と思ってました。
そのあとに続く世代、浅田真央やキムヨナもバシバシ跳んでて、その後の低迷が嘘のようでした。

バンクーバーオリンピックは、キムヨナ含め数人しか2連続3回転ジャンプを入れてこなかったのが、現在は入れるのが当然時代に戻った!

2008年からセカンドジャンプの回転不足に異様に厳しくなり、安藤美姫浅田真央のセカンドループの認定はほぼ無くなったんじゃないかな、、、
他にも、キミー・マイズナーレイチェル・フラットも見た目パーフェクトに見えても、点数が出ると愕然とする…というパターンが続いて、見ていて本当に憤りました。

安藤美姫の場合、彼女の武器である3Lz3Loは基礎点11.1点(現在の点数)ですが、回転不足と認定されると3Lz2Loの失敗みたいな扱いとなり、点数が7点以下になる。
難しいジャンプに挑むより、無理しないで跳んで出来栄え点を稼いだほうがいいといった時代でした。
現在は、3Lz3Loの基礎点からの回転不足判定(<か<<かによってマイナスされる点数も変わる)となり、少しの回転不足なら挑む価値あるかなと変化したのでよかったです。

浅田真央の場合、3F3Loの3Loがあまりにも回転不足判定をとられ、そのせいか2連続3回転ジャンプの成功率が下がり(すっぽぬけたりしてセカンドつけられなくなることが増えた)、その代替え案としてバンクーバー五輪シーズンの3A2Loをプログラムに組み込んできた。
いえ、彼女のすごいところは代替え案に3Aのコンビネーションジャンプを組み込んでくるところ!
そんなことできる選手、他にいない。
でも、私は浅田真央の3F3Loが好きなので、ソチ五輪には久しぶりに公式試合で3F3Loを入れてきて、涙腺はその時点から崩壊しました!
真央が3F3Lo入れてる!って感動してしまった。
またもやちょっと回転不足印のアンダーローテーション<が刺さってましたけど…

ソチ五輪前から、みんな2連続3回転ジャンプを組み込み、金メダルのアデリナ・ソトニコワもSPでは3T3T、FPは3Ltz3Tを跳んでいました。
ソトニコワはジュニア時代にスルツカヤ安藤美姫以来に3Lz3Loを成功させた選手として話題になったくらいだし、ほぼ同世代のトゥクトミシェワが3Aをプログラムに組み込んでいるし、今のロシアは本当にジャンパーが多い。

私は安藤美姫のファンから入ったので、2連続3回転がそんなに難しい技とも思ってないでみていました。
その頃、浅田真央もキムヨナもカロリーナ・コストナーも跳んでたし、、
美姫ちゃんの2連続3回転の多彩さが実は素晴らしいことなのでは、と気づいたのも彼女が出産後に復帰してから。
なかなが3Lzが跳べなかったせいか、全日本選手権ショートでは3T3Tを跳んでいました。
試合では3T3Tを跳ぶ選手が多いだけに(村上佳菜子選手や鈴木明子選手もそう)、選手には割と簡単なコンビネーションジャンプなのかな?
他にも公式に認定されたのは3F3Loもあり、セカンドにトゥループもループもつけられることって、すごいことなんだと改めて実感。

こないだの全日本では、ほとんどの選手が2連続3回転を組み込んでいて、構成をみて楽しかった。
そして、ジャンプで高得点を得ている選手の次の課題は演技構成点の向上。
2位の樋口新葉選手は、去年もジャンプがすごくてでもちょっと荒っぽい演技するな、と思っていたら、今年はその荒削り具合が軽減されてきていて、、彼女の練習とコーチの指導に思いを馳せてしまった。
どんなにかがんばったことか、って。

次は4大陸がある。
浅田真央は自信を回復させてジャンプを立て直して、中国杯のような演技をみせてくれたら嬉しいな。