straysheepのなにか好きなもの

フィギュアスケートと読書と映画と雑貨といろいろ、について

フィギュアスケート 全日本選手権 男子SP

この舞台で世界選手権の代表が決まる…、のだけれど、その切符は2枚。
宇野昌磨選手の「1枠を争ってるイメージ」との発言は、本当にみなさんそう感じているのでしょう。


少し前、女子の中野友加里さんがやはりそのような発言をしていたのを思い出しました。
女子は3枠を争っていたけれど、中野さんの現役時代は、浅田真央&安藤美姫全盛期ですから、、そんな気持ちにもなるはず。

宇野昌磨くん、無良くん、高橋ダイスが1枠を争っている、、私もそんな感じに見てしまった!

羽生くんは最近では珍しい4S転倒があり、点数が伸びきらなかった、、とはいえ100点越え。
4回転からの連続ジャンプ、3アクセルをバシッと決めたし、スピンなどの要素もしっかり取れてる証拠かな。

昨日の演技では、小塚くんと無良くんの演技が良かったです。

小塚くんはジャンプにミスはあったものの、よくぞ全日本選手に!という気持ちでいっぱいで、演技を見れただけでも嬉しかったな。
現在5位か、、今季の宇野、無良、村上を追い抜くのは、誰かのミス待ちになるかもしれない、、

今回の演技でいちばん!と感じたのは、無良くんの「黒い瞳」。
今季は上り調子の彼、、宇野くんとの点差は約4点。
宇野くんは普段大崩れしないし、無良くんはたまにフリーでポカする、、
うーん、どうなるのでしょうか!

所属 得点
1 羽生結弦 ANA 102.63
3 無良崇人 HIROTA 93.26
6 田中刑事 倉敷芸術科学大 74.19
8 中村優 関西大 69.47
9 川原星 福岡大 66.72
10 宮田大地 法政大 66.61

女子の滑走順、演技構成がでました!

むかし、安藤美姫が3Lz3Lo、3F、2Aの構成を諦めて3Lz2Lo、3Lo、2Aにした時、私はなんだか切なかった。
今回の真央ちゃん3A、3F2Lo、3Loへの変更も、体調や勝つためには仕方ないと思うけれど、やはり切ない。
どうでもいいけれど、この2人さすがループをセカンドにつけるだけあるな!という変更ね。

私は真央ちゃんに優勝して欲しい。
選手の演技構成見る限り、3回転3回転を入れてくる選手ばかり、だけれど真央ちゃんには3アクセルと美しいスピン、魅せるステップもある!
真央ちゃん、とりあえずルッツは外したんだし、エッジエラーのこととか忘れて中国杯の時のような軽やかな演技を。
真央ちゃんらしい笑顔でフリーに繋げられますように、、、