読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

straysheepのなにか好きなもの

フィギュアスケートと読書と映画と雑貨といろいろ、について

蝶々夫人というプログラム

ジャパンオープンで、今季復帰する浅田真央ちゃんがフリーをお披露目しました!!!

なんでしょうか、「浅田真央が競技復帰する」というだけで、このワクワク感!
やはり、いくらフィギュアスケートが好きでも、お気に入りの選手がいなくちゃ楽しめない質なんだな、私。

復帰シーズンのフリーは、プッチーニの「蝶々夫人」。
以前ニュースで知った時にも、これは…!と思いました。
いまの真央ちゃんが演じるのに、とてもとても似合うのではないか、と。
愛の夢」でたおやかな美しさを、「鐘」では暗い深みを魅せてくれた真央ちゃん。
そんなの彼女の「蝶々夫人」。
これは期待してしまう。

蝶々夫人」といえば、私のなかで安藤美姫
安藤美姫ちゃんのほうは…覚えているでしょうか。
トリノオリンピックのフリー、実は「蝶々夫人」なのです。
2006年全日本で6位だったものの、この時の五輪選手の選考基準がポイント制だったこともあり、安藤美姫ちゃんは前年までの成績のおかげで代表に選ばれます。
ただし、アンニュイで雰囲気のある、新しい安藤美姫を魅せてくれたフリー、マイファニーバレンタインではなく、まだ18歳になったばかりの若い彼女を引っ張ってくれるような曲に変更するという条件付きでの代表だった、と当時のコーチ、キャロル・ヘイス・ジェンキンスが語っていたのを覚えています。
それで、突貫工事で変更したフリー、それが蝶々夫人です。
私は、ディビッド・ウィルソンの振付の安藤美姫の「蝶々夫人」も好きで何度も見ています。
いえ、トリノオリンピックのボロ蝶々は涙なしでは見られやしないので、ジャパンオープンのもの。

実は第一回ジャパンオープンの日本女子チームは、安藤美姫浅田真央
おお、ゴールデンコンビ!
私の初フィギュアスケート観戦はこのジャパンオープンだったので、よく覚えています。
この時、安藤美姫トリノで惨敗した「蝶々夫人」を滑ります。
(youtubeで探してみたけど、見つかりませんでした。うちのHDDには永久保存でとっておいてあるからいいけど、、、)
トリノはお通夜みたいな気持ちになるから評価できないとして、ジャパンオープンの彼女の蝶々夫人は、とてもよかった。切ない感じの蝶々夫人です。
振付は切ないのに、ジャンプがダイナミックに決まるところがとっても素敵!
ジャンプが決まるとこうも印象がちがうのですね、、、

私は「蝶々夫人」を演じた選手は2人しか知らなくて、もうひとりは太田由希奈ちゃん。
由希奈ちゃんのほうは、本当に優雅で、ひとつひとつのポージングがきれいで印象に残っています。


こんなにきれいなスピン、スパイラル、指の先まで本当に綺麗。
彼女が怪我でジャンプが決まらなくなって、大きなタイトルは世界ジュニアと四大陸だけというのが信じられません。 
(ところで由希奈さんのがあるなら、テレビ放映もされた安藤美姫蝶々夫人youtubeにあがってくれたらいいのに)

真央ちゃんのスケートは柔らかくてたおやかなので、こういう「蝶々夫人」や「愛の夢」を演じると、ほんとうに優雅で女性らしいです。
ジャパンオープン蝶々夫人は初お披露目だし、もちろんこれから滑り込んでゆき変わって行くと思うので本当に今の感想ですが…でも、ちょっと物足りなかったというのが本当のところでした。


フリーで言えば「鐘」やラフマニノフのピアノ協奏曲第2番や、SPだと「仮面舞踏会」や「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア」のような、情熱や鬼気迫る感じのある曲のほうが、真央ちゃんの可憐さが引き立つ、と私は思っているので!
蝶々夫人の振付がローリー・ニコルだからっていうのはあるのかな。
ローリー・ニコルの作る浅田真央のプログラムは、いつも浅田真央の女性らしいたおやかさ、可憐さがナチュラルに表現されるものが多いと思う。
逆にタラソワは、浅田真央はそこにいるだけで可憐なのだから!と言わんばかりに暗かったり激しいステップだったり、情熱的だったりする一面を引き出してくれる。
こんなに激しいステップを踏んでも、高難度ジャンプをとんでもふわふわ真央ちゃんの面影が残ったまま、という稀有なプログラムを作ってくれる。
ま、単に私はローリー・ニコルよりタラソワが作るプログラムを滑る真央ちゃんのほうが好き、ってだけなのかも。

ジャパンオープンもいろいろと楽しかったので、そのうちに感想をあげたいな〜と思います。
だって今回のジャパンオープン、日本女子は不動のエース(不動のセンター、みたいな言い回し、、、)浅田真央と、めきめき頭角を現し中の宮原知子
に対しての、チームヨーロッパの女子は、ソチ五輪女王のソトニコワ&世界女王トゥクトミシェワ!
チーム北米からは真央ちゃんと同世代のアシュリー&アメリカのエース・ゴールドっていう豪華すぎるメンバー!
3月の世界選手権の1、2、4位が集結している!
グランプリシリーズ開幕まであと少し、このジャパンオープンをみて楽しみながら待ちましょう♬