読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

straysheepのなにか好きなもの

フィギュアスケートと読書と映画と雑貨といろいろ、について

読み始めたら作りたくなる 角田光代『彼女のこんだて帖』

読書感想 Food
角田光代さんの『彼女のこんだて帖』はお料理を巡る連作短編集。

彼女のこんだて帖

彼女のこんだて帖

連作短編集は長編作品と同じ世界観が続くから、私は短編集は苦手なのに、連作短編集は大好き。

だいぶ前に購入したけれど、未だにあのシチューが食べたいなぁ、とかあの子羊のやつでも作るかなーんて思いついた時に、手にとってしまう。

や、本当に読んでいて美味しそうなものばりが登場するのです!
長く付き合った男と別れた。だから私は作る。私だけのために、肉汁たっぷりのラムステーキを!仕事で多忙の母親特製かぼちゃの宝蒸し、特効薬になった驚きのピザ、離婚回避のミートボールシチュウ―舌にも胃袋にも美味しい料理は、幸せを生み、人をつなぐ。レシピつき連作短編小説集。 
こんなお話ですが、ひとつひつとのお話は短いけれど、写真付きでお料理のレシピも載ってます。

連休2日目、私が作ったのは"ストライキ中のミートボールシチュウ  工藤衿のこんだて帖"からの1品。

面倒なのでカレーライスのように同じお皿に載せちゃいましたが、ごはんともよく似合うのです。

f:id:straysheep_223:20150920235954j:image

ほぼ小説のレシピ通り。
ズッキーニのみお店で見当たらなかった為、入っていません。
トマトソース、黄色や赤ピーマン、ズッキーニと夏のお料理なんだな。

肉団子の中にも玉ねぎ、セロリ、しいたけ、ピーマンを刻んだものを混ぜていて、お野菜沢山で好んでよく作ります。

ほかにも、ラム肉のハーブ焼き、そら豆のスープ、中華ちまき、タイ風オムレツなどなど盛り沢山!

ちなみに、お料理も素敵ですが、連作短編集のほうもとても面白いです。

写真多めで字も大きく読みやすいので、普段小説を読まない方もオススメ。
食べるのが好きな方は気にいるんじゃないでしょうか?