読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

straysheepのなにか好きなもの

フィギュアスケートと読書と映画と雑貨といろいろ、について

飛騨高山旅行記(記、てほどじゃないけど)

Diary
先週、飛騨高山へ行きました。

飛騨高山は初めてと言いたいところですが、どうやら子供の頃に家族旅行で行ってるらしい、、
ぜんぜん記憶にありません。残念。
ま、記憶にない分、新鮮に楽しめました!

なぜ飛騨高山かというと、去年の冬にTwitterのフォロワーさんが泊まっていらしたお宿、アップされた写真やツイートを読んで私も行きたいなぁって気になりました!
ので、今回の旅行はまず宿ありき、で探しました。

花扇という宿に泊まりました。
が、私、ほんとうにそそっかしくて反省すべき点、なのですが。
私がツイートを読んで行きたかったのは花扇  別邸  いいやま というお宿でしたが、実際予約していたのは花扇、だったという痛恨のミスを!
ほぼ隣にあったので、駐車場で間違いに気づき被害?は少なかったし、花扇もゆっくりくつろげる素敵な宿でしたので、文句はありません。。。
けど、私が行きたかったのは…(以下略)

しかも、フォロワーさんは冬に行っていたのが大正解。
飛騨高山は冬に行くと、とても綺麗な雪帽子の茅葺き屋根の風景が見られ、まるで日本昔話みたいだそうです。
うわあ、それ見たかった!
私、次は雪景色を見るために絶対に冬に訪れます!

私の住むところから飛騨高山は、車で5時間以上かかりました。
会社に行くより早く出発して、着いたのはお昼過ぎもいいとこ。

f:id:straysheep_223:20150905173826j:image
途中の諏訪湖

大鍾乳洞へ寄って、その後ふるい街並みのさんまちを散策

f:id:straysheep_223:20150905173901j:image
ふるい街並みが素敵で、結構な距離を歩いたけれど、とても楽しかったな〜
新しいデジカメを持って行ったおかげかもしれないけど、どこも素晴らしい写真スポットっていう感じでした!

f:id:straysheep_223:20150905174252j:image
途中、お茶しました。
喫茶去かつて、というお店
喫茶去、って昔私がお茶を嗜んでいた頃、茶室に喫茶去という言葉のお軸がかけられていました。
なんだか懐かしくなり、こちらへ入ってお茶をしました。
喫茶去って、身分、職業の貴賎などに関わらず皆お茶を如何?っていうような意味と当時教えていただきました。

f:id:straysheep_223:20150905174403j:image
お抹茶とわらび餅

久しぶりのお薄は美味しかった。
私、せっかくお茶習ってたしお道具もあるので、たまにはおうちでお薄をいただくような習慣をつけたいなあ

夕方にお宿へいき、おいしいお食事とお風呂。
食事や宿の様子はすべて新しいデジカメに収め、その上PCやスマホと簡単接続できるらしいのに私には高度な技に思えてやってなく、写真がありません。

私、とにかく今回の宿はお風呂を楽しみに来たので、たくさん入ってくつろぎました!
大きいお風呂も、露天風呂も。
お部屋に露天風呂があるので、お部屋の露天風呂も何度も楽しみました!
あまりお湯に浸かると疲れるという話もありますが、大丈夫だったのもありがたい。

翌日、白川郷へ!

f:id:straysheep_223:20150905175334j:image
観光客多し、でしたがぶらぶらお散歩な速度でゆっくり回りました

f:id:straysheep_223:20150905175456j:image
なにを見落としたか、緩やかなスロープでいける道に気づかず、急な坂の山道から展望台へ!
運動不足なので息切れが激しい、、けど、登った甲斐のある、綺麗な景色!

f:id:straysheep_223:20150905175617j:image
白川郷にもちらほらお宿がありました。茅葺き屋根のおうちに泊まるのも乙かも

夕方にはお土産を買い、帰路へ。
思ったより白川郷が広く楽しめ、五箇山にまで足を延ばせなかったのが残念。

つまり、もう1泊必要ってことね

お土産はさるぼぼちゃんと、高山ラーメンと、飛騨牛しぐれ煮などなど。
旅に出るとついついお土産も買いすぎちゃう。
のに、実家や会社のひとや友達に配り始めると足りないというこの不思議!