読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

straysheepのなにか好きなもの

フィギュアスケートと読書と映画と雑貨といろいろ、について

久利生と雨宮の関係 映画「HERO」

映画感想
観てきました!
バカみたいなくらい、期待していた映画版「HERO」。
私、木村拓哉扮する久利生公平と松たか子扮する雨宮舞子の関係がとても好きなので、2人がどうなるのかもう気になって仕方がなくて、初日に映画館へ。
初日に見るのはじめてでした。

f:id:straysheep_223:20150719220909j:image
パンフレットも購入
私ははじめて映画館で映画を観た時以来(アニメ以外で『プリティ・ウーマン』だった)、観た映画のパンフレットは必ず買うことにしています。
が、最近はその信念?が薄れてきて、観終わって好きだったら買おうという方向へシフト中、、、
「HERO」はもちろん購入。

城西支部のみなさんは、このあいだのドラマの続き。
麻木事務官(北川景子)、田村麻呂(杉本哲太)、遠藤事務官(八嶋さん)、うのっち(濱田岳)、末次さん(小日向文世)、馬場検事(吉田羊)、井戸さん(正名さん)、川尻部長(松重豊)、そして牛丸次席(角野卓三)。
相変わらずわちゃわちゃお仕事してる中、ひき逃げ事件発生。
ひき逃げ現場を調査すると、ネウストリア大使館の側で、そして、轢かれた女性は大阪地検の重要な証言者だった。
大阪地検から担当検事、雨宮舞子が登場!という流れです。

やっと登場、雨宮さん!
久利生さんの現事務官の麻木さんもなかなか素敵で面白いペアだったんだけど、やっぱり雨宮が出てくると恋愛要素が入ってくるせいか、見ていてテンションあがるー!

前回の映画化のラストでキスして終わって、こないだの連ドラではどうやらおつきあいして別れたっぽく描かれていた。

映画を観て、、、付き合ってたのか!?っていう感じ、、、
お互い素直じゃない上、常に遠距離なところがふたりの距離が近づかない原因でしょうか。

それにしても、やっぱり松たか子って可愛い。
そっけない話し方なんだけど、どこか可愛いのが松たか子、というか雨宮舞子。

HEROの女性陣はみんな素敵で、シリーズ1に出ていた大塚寧々の美鈴さんも、馬場検事も、麻木千佳もみんな気が強くて素敵。
出演者みんなに言えることだけれど、キャラ立ちしてるから面白いのかな、と思う。

雨宮は別格として、私は麻木千佳も好き。つまり、北川景子なんだけど、けっこういいキャラしてるっていうか、はまり役なのでは?
北川景子はお顔は大好きなんだけど、役柄によっては微妙なときがあって、ドラマではいまいちだなあって思ってたこともありました。
それが、「謎解きはディナーのあとで」のお嬢様刑事役でコメディーのほうなイケる!って判明。
あれ以来のはまり役じゃないかな、麻木千佳役は。
元ヤン(本人曰く、本気のヤンキーではなくてマイルドヤンキー)で、目力が強い事務官。
「私って、No. 1事務官なんです」とか自分で言ったりしてるけど、パンツスーツで凛としてて、とても似合う!
その上、今回は久利生が事故に遭った時、大阪にいる雨宮に連絡を入れるといういい仕事ぶり!

雨宮さんはお見合いでおつきあいしてる男性がいるのに、久利生にあって心が揺れる、、、
仕事面も、検事になって3年、仕事に追われて普通の流れ作業のようにこなしていて、今回の事件で久利生と一緒にお出かけ捜査をして、改めて思うところがあったように思われる。
久利生と一緒にお仕事したひとは、必ず彼に引きずられている。
そのなかでも、雨宮は特にそう。
真逆なふたりだけれど、相性はぴったり!

ふたりの関係はラストまで持ち越しか、と思ってたら、やっぱりラスト、いつもの並木道でふたりが対峙する!
ネタバレとなるのでかけませんが、私には不完全燃焼、でした。
えっ、、、っていう感じ。

f:id:straysheep_223:20150719224817j:image
HEROといえば、ココ!ってくらいな並木道は、辰巳の森緑道公園。

久利生と雨宮の対峙というと、最初のドラマシリーズの最終回、雨宮が久利生が飛ばされた石垣島へ会いに行き、青い海、空をバックにふたりが少しづつ近ずいてゆく場面、私はあの場面が一番好きです。
宇多田ヒカルの主題歌が流れてきてね、とてもドキドキしたな。

もしかしてまだ続くのかも、という嬉しい予感を残した今作。
次がもしあるのなら、次は第一シリーズのメンバーも出演して欲しいなぁ、なーんて。

そうそう、今回外務省のエライ人役で佐藤浩市が出演!
やっぱり佐藤浩市さんはカッコいいなぁとホクホクできました❤︎
やっぱり浩市さんはパリっとスーツ着た役が素敵です。