読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

straysheepのなにか好きなもの

フィギュアスケートと読書と映画と雑貨といろいろ、について

はじめての恋愛は通過儀礼?「イニシエーションラブ」

映画感想
乾くるみの原作は読んでいたので、あれをどのように映画化するか興味があり、、、観てきてしまった。

f:id:straysheep_223:20150624213729j:image
このポスターにもなっている写真、映画のマユ(前田敦子)と全くイメージ違いますよ。裏マユですね

なるほどね、という展開で、映像化不可能と言われたからくりを上手いことクリアしたな〜って思いました。

正直、ラスト5分からの巻き戻しきゅるきゅるは、無粋だな、とも感じたけれど。あそこで終わったら唐突すぎてダメかなぁ?

合コンで出会った鈴木(通称たっくん)とマユは付き合い始めるが、たっくんが東京へ行くことにより遠距離恋愛となり、だんだんすれ違うようになる。
たっくんは会社の同期・石丸に告白され彼女に惹かれ始めるが、マユのことも捨てられない、、、
と、一見ふつうの三角関係。一見。

たっくん=松田翔太
マユ=前田敦子
石丸=木村文乃
が、それぞれ演じています。

たっくんとの出会いの最初の日から、マユの可愛さったら!
多分、総選挙1位の前田敦子を応援していたファンたちには、あっちゃんはいつもあのように見えるのでしょう、、、
仕草とか、話し方とか、前田敦子ぜんぶでどうしたら女の子が可愛くみえるか?を体現していて、計算なのか本気なのか、そこは見応えアリです。

そして、松田翔太の意外に昭和が似合うところ、すごい。
昭和に違和感なかった…

ネタバレになるからあまり書けないけれど、原作とラストが違うところが気になってしまいました。
映画の最後、どうなるの?っていう感じで終わったから。
私にはいまいち、でしたが、、、

あと、タイトルにもなっているイニシエーションとは、通過儀礼のこと。
映画のなかで石丸さんが、恋愛の最初の、永遠に一緒にいたい、永遠に大好き、それが永遠ではないとわかるようになる、最初の恋愛を通過儀礼、イニシエーションラブと語っていた。

ふうん、なるほどね。
この映画のなかに、永遠に大好き!なイニシエーションラブ?真っ最中のひとが出てくるけれど、あのひとも通過儀礼な恋だったと感じる日が来るのかしら。
それとも、それさえ気付かずに永遠に絡め取られてしまうのかな?

ちなみに、懐かしくなれると評判でしたが、私より少し上の世代の昭和だったせいか、そんなに懐かしくなかった…のが、残念でした。