straysheepのなにか好きなもの

フィギュアスケートと読書と映画と雑貨といろいろ、について

積読本になるなら買わなければいいよね?

昔から積読しないタイプ。
借りたら、買ったら即座に読む!
読むのが厳しい小説(苦手ってこと)や面白くなさそうな借りた本(失礼!)なども、頑張って読む!人でした。

苦手な本って、選ばなければいいのに、と思うでしょう。
友達にもよく言われるし、、、
けど、私、しつこいみたい。
簡単に諦めきれないタイプのようで、1冊つまんなかった(好みじゃなかった)くらいでこの作家さんを見切っていいのか、とか考えて3冊は読むようにしていたのでした。

例外は「世界の中心で愛を叫ぶ」くらいかな。
私、あれがダメで。
当時は非国民みたいな扱い受けるから死んでも口を割れなかったけど、実は未だに良さが理解できないまま。。。
帯に柴咲コウが推薦して「5行で泣きました」とあったけど、5ページ50ページと進んでも、最後まで涙こぼれなかった
まあ好みって人それぞれなので、そんな人もいます。
※映画は観ていません
購入してなければ許せたのかもだけど、なぜ買ってしまったのかと葛藤があり、作者の片山恭介さんのほか作品だけ、いまだに手を出せない。

話が逸れた。
で、積読はせずある意味頑張って読んでたんだけど、やっぱりそれができたのって若かったのかも、と思う今日この頃。

時間がないと、読みたい本から読んでしまうものです!
まあ、図書館本や借りた本から読んで、次に読みたい本。
だからって、現在積読されてるものが読みたくないかっていうと、そんなことはない。
だって、その時は読みたいからこそわざわざ購入してるわけだし。

f:id:straysheep_223:20150604001943j:image
最近の積読

「思い出のマーニー」は本屋さんで雰囲気に負けて購入したところあるけど、大好きな江國香織さんまで…!

それでいま、私が何を読んでいたかというと、「風と共に去りぬ」とマツコ・デラックスの「世迷い事」1、2とかでした。(どちらもすごーく面白い!)

江國香織さんは大好きなので発売日に買う事にしてるし、島本理生さんの「アンダスタンド・メイビー」は恋愛ものを読みたくなったらすぐイケるはず。
そのほかはなぜ購入したのかしら、、その時読みたかったから!

読み終わるまで本棚にしまえないから不便というか、ちょっと邪魔、、、
(大好きな本を邪魔とか、私ってさいあく)
じゃあ、もう本棚にしまえば?って思うだろうけれど、本の数に比べて本棚が小さいもので、選ばれた本のみが本棚に終われ、イマイチなものはブックオフへ、また読みたいかも〜な本はIKEAの箱の中へ仕分けられるので、本棚にはしまえない!

ていうか、本棚を新調するべきか、、、
など脳内でぐるぐる巡ります。

現在、茶色の木目調観音開きの素敵な本棚を利用していますが、次購入する時は外見でなく中身(収納)で決めようと思うそんな夜でした。