straysheepのなにか好きなもの

フィギュアスケートと読書と映画と雑貨といろいろ、について

はじまりのうた

f:id:straysheep_223:20150222152052j:plain

「はじまりのうた」は、「ダブリンの街角で」のジョン・カーニー監督作品。
「ダブリンの街角で」もみたかったんだけど、タイミングが合わず見逃してそのままになっているので、大好きなキーラ・ナイトレイ主演の今作は絶対みようって思ってた。

キーラは現代のお洋服も、時代もののコスプレもどちらでも可愛い。
とてもクラシカルな容貌だから、昔の貴族のお姫様がよく似合うのね。
今回は現代とはいえ、ちょっとラフなパンツ姿だったり、レトロなワンピースだったりとまた素敵な一面を披露しています!
前回彼女をみたのが「アンナ・カレーニナ」なので、久々の現代ものキーラ。
期待していた以上によかった!

人気ミュージシャンの恋人の浮気で別れ失意の毎日を過ごし、ニューヨークにいる目的もお金もないし、そろそろロンドンに帰ろうかな、と考えていたグレタ(キーラ・ナイトレイ)

一方で妻の浮気で心身ともにズタボロ、娘とも上手く行かない、あげく会社もクビになり自殺も頭をよぎるダン(マーク・ラファロ)

たまたまグレタが友達の歌うライブハウスで飛び入り参加して歌っているところに居合わせたダンは、その歌をきいデビューさせたいと考える。
実はダンは今でこそ落ちぶれているが、90年代は名のしれたプロデューサーだった!
でも、会社をクビになったダンはCDを作るスタジオもなにもない。
で、ダンは考える…このニューヨークのあらゆる街角で録音し、現在のニューヨークを表そうじゃないか、と。

ふたりはアマチュアの音楽家(ピアニスト、バイオリニスト、など)を集め、その場で遊んでいた子供をコーラスにし、いろいろな場所で音楽を作ってゆく。。。

その中で、グレタの元彼が浮気相手よりグレタが大切と気づいたり、ダンは音楽への情熱を取り戻し、妻や娘との関係も改善されていったり、と見ていてハッピーな気持ちになれる!

グレタの彼はグレタの大切さに気がつくけど、ふたりは音楽家としての価値観があわない。せっかく再会してもグレタが作曲して彼へ贈った曲のアレンジについて揉めてしまう。

ふたりはまだ愛し合っているのに、音楽においての価値観が変わってしまった。

原題はBegin  Again。
同じ新しい一歩もダンは家族と歩み寄ったのに対し、グレタは新しい一歩を踏み出すことになる、、

おもいのほかほろ苦いラストだったけど、グレタの選択は彼女の人生の新しい第一歩として力強く踏み出しているので、見た後も爽やか。
元気がないときにまた見てみたい映画です。