読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

straysheepのなにか好きなもの

フィギュアスケートと読書と映画と雑貨といろいろ、について

前田あっちゃんのファンになりそうな「もらとりあむタマ子」

なんか軽く観れる映画がいいな、と借りてきた前田敦子ちゃんの主演作。

これがなかなか、気楽に観られるのも確かですが、思いのほか心に残るよい映画でした!!!

タマ子は23歳。大学卒業して実家に住まい、お料理もお洗濯もお掃除もお父さん任せで、ご飯食べてマンガ読んでご飯食べてゲームする日々。
たまにニュースをみては、「ダメだ、日本は」などと上から目線。
内弁慶の典型で、外面は異常にいい。

父親に「就職活動はいつはじめるのか」と問いただされれば「今はそのときじゃない」と答えて黙らせる。
けど、「私にちゃんとしろって言えないんですよ、ダメですよね」って父親のお見合い相手に口走ってしまうくらい、これじゃダメだとわかってる。
父親に「夏が終わったら出てけ」と言われ、「合格っ」とやはり上から目線だけどそういったタマ子は本当に可愛かった。

夏の終わりが近づいたところでこの映画はおしまいなのだけれど、もっともっと続きをみたかったな。

前田敦子以外、お父さんのお見合い相手が富田靖子さん(これがまた素敵な女性)なくらいで、あとははじめてこの映画で知った俳優さんばかり。

お父さん役の康すおんさんが、とても素敵なお父さんだったなあ、、
タマ子には厳しいことが言えなくてダメな父親と扱われているけど、優しくてタマ子が愛おしくて、タマ子ならきっと大丈夫だと信じている。
私は父が厳しかったから、こんな口答えしたらバシッと叱られるだろうな〜なんて思いながら羨ましくみていました。
タマ子、いいなぁ!

ゆる〜い映画だけれど、疲れているときにぼんやり見るのもおすすめです。