straysheepのなにか好きなもの

フィギュアスケートと読書と映画と雑貨といろいろ、について

宮部みゆき 「ソロモンの偽証4 第2部決意 下巻」

検事側(藤野、佐々木、萩尾)、弁護側(神原、野田)ともに裁判にむけて向けて調査を重ねる。

柏木くんの死の当日、彼は何度か電話を受けているのが判明、、これは誰?
私は神原くんじゃないのかなぁ、なんて思うけれど、まだ分からないまま。

有罪か、無罪か。
私たち読者はそこは分かっている(はず。)だから、嘘をついているひとがいるのが分かる、、
人間て不思議。
大人になる前は、嘘を重ねたら真実になるとでも考えてしまうのだろうか。
確かに子供の頃についた完全にごまかしたはずの嘘は、絶対に大人にはバレバレだったと思われ、、今となっては恥ずかしい。けど、そんなふうに思い込んでしまうのか。
それだけに、この物語で告発状を書いた少女の姿は痛々しい。

いよいよ次巻からは、学校裁判がはじまる。ソロモンの偽証: 第III部 法廷 上巻 (新潮文庫)

ソロモンの偽証: 第III部 法廷 上巻 (新潮文庫)