straysheepのなにか好きなもの

フィギュアスケートと読書と映画と雑貨といろいろ、について

有川 浩 「図書館戦争」

このたび続編の映画化が決定しました^ ^

私、有川さんの小説はよく読んでいるんだけれど、コレは未読でした。戦争ものは苦手、、とか思ってて。

誤解でした。嬉しい誤算!
図書館や返却本の棚にあったので、何となく借りたけど、よかったー!

戦争ものというか、戦闘部隊を舞台にしたラブコメ&ヒロインの成長譚です、簡単に言うと。
しかも、映画化ニュースのおかげで、脳内イメージ榮倉奈々ちゃんだったため、めちゃくちゃ可愛いイメージ、ヒロインの郁ちゃん❤︎

途中で、郁ちゃんの王子様はこの彼なんでしょうね?なーんて読んでたら、その通りで胸キュンできるし。

有川さんの小説のヒロインは、口の減らない勝気な女の子が多いけど、郁ちゃんもその典型。
感情でぶっ飛ばしちゃう、熱い女の子。
ほんとは暑苦しくて嫌だわ、、ってとこなんだけど、榮倉奈々ちゃんのほんわかした雰囲気が相殺してくれて、とても楽しい時間を過ごせました!!!

彼女の上官、堂上を演じるのはV6岡田くん。
おお、私が最近見るたびに恐ろしい、、と思っている官兵衛さんじゃないですか。
上映までに前の「図書館戦争」を観て、続編は映画館で観ちゃおうかなぁ!

原作もなん作か続きがあるようで、今日図書館で予約して来ちゃった^ ^

最近、「ソロモンの偽証」の暗さ重さに疲れると違う本に手を出す、、というパターンが決まっちゃったな。

そういう暗さを払拭してくれる、明るい楽しい物語でした。
もちろん、戦闘部隊なのでそういう訓練や戦いの場面もありますが、それメインじゃないので読みやすい。

胸キュンしたいひとや少女漫画が好きな人は、たぶん気に入るんじゃないかな?
堂上上官が好きな人、多そうです。図書館戦争

図書館戦争