読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

straysheepのなにか好きなもの

フィギュアスケートと読書と映画と雑貨といろいろ、について

軍師 官兵衛も残すところわずかとなりました

寒くなってきて、お鍋などかこみながら大河ドラマも終盤にさしかかると、もう年末なんだなぁ、なーんて気分になってくる。
ちなみに、ぜんぜんお鍋とか囲んでないけど。

私は毎年大河ドラマを見ているわけではなくて、最初から最後まできちんと通してみているのは、、「利家とまつ」「江」に続いて3作目。
あ、全部同じ時代だった!
(でも「葵」はみていない、、やっぱり若いキャストではなかったからかな?)

最近の官兵衛さんには驚くばかり。
天下を狙う官兵衛、いえ、この際如水さんでしょうか、変貌ぶりはすごい!

で、思うところは、私、野心むきだしって苦手だな、と。
軍師としてシビアな一面を持ちつつ、きっちり秀吉に仕えていた頃の官兵衛さんのほうが好感が持てました。
でも、有る意味ばか上司に成り下がった秀吉(この大河では恐怖心か虚栄心からか、無能ぶりが発揮されていて何故家康をさしおいて一時とはいえ天下をとれていたのか私には謎、、)とごますり部下石田三成(繰り返すけどこの大河では、です。「江」の三成は素敵だった)の亡き後のメンバー的に自分が上に行く気になってしまったのか。

もう最近では、他のところで岡田くんをみても怖い。怖すぎる。
V6で歌ってても怖いかも。

好きな戦国武将は家康な私としては、最終回まで楽しみ。
まだ大阪城のお掘りも埋めてなくて、あと数回でどこまでいくのか、、
ていうか、このドラマ、淀の妹たちも全く出ていない気がするし、大阪城のお掘りを埋め立てるように説得するとかないのかも。
大阪夏の陣までやるのかなぁ

あまり日本史に詳しくなく、官兵衛さんのラストがどんな風なのかわからないため、軍師官兵衛の最終回が全く想像できない。

明日を含めてあと3回、楽しみ。